天徳・地徳・人徳 ~ 気になった時事 & Dのサンクチュアリー ~

一般社団法人 洪門天地會青蓮堂日本總會 Japan Lotus Chinese Freemasons (JLCF)

備忘録へ記録します。 革命余話 請孫文再来より http://sunasia.exblog.jp/7512359/ (以下転載) 孫文は革命のさなか、日本滞在を懐かしむように四季がおりなす風情と、それに感応する日本人の人情について山田と語らっている。   潜伏先の海妻邸 ...

〜最近ツイッターでツイートした文のまとめ〜 洪門(ほんめん) 洪門の会員は、量より質を重んじる。質に重視しており良質な質が良質な量を増やしていく事を望んでいる。故に入会へのプロセスは厳しく、入会後も予備会員期間を設けて洪門に相応しい人物か ...

小林です。 色々とこのブログで綴らせて頂いております。目立たなく静かに、そしてのんびりと書いています。今日は長年この洪門(ほんめん)にいると沸々と感じてくるものを書いてみます。 《一つの生命体》 これは大袈裟にお話をしている訳ではなく、前に ...

小林です。 伝統文化は、必ずや引き継ぐ人が問題になってきます。後継者や伝承者、継承者、跡継ぎ、世継ぎなど言い方は色々とありますが、次世代を担う人を選ぶ事は安易な事ではありません。 わたくし自身もその伝統を継承する一人になる訳なのですが、特殊な海外組織に属 ...

小林です。 今日は11月22日世間では夫婦の日なんて言うようですが、わたくしにとっては旧暦10月5月達磨大師の命日でございます。 (所有の大師像) (Wikipより) 達磨 菩提達磨(ぼだいだるま、中国語: 达 ...

日本創生会「第10回 洪家体術青蓮派 体験会」のご案内 開催日:2017年12月2日(土)   ご自分の心身のエネルギー状態が"現実"をつくり出しているとしたら、あなたはどうなりたいですか?数千年の歴史に育まれた中国伝統の南派武術「洪家体術」を通 ...

小林です。 一日24時間が何とも短いと思います。せめて一日48時間があれば、色々な事も片付くのですが。 足りているものがあるとすれば、わたくしは《好奇心探求心》でしょう。足りていないものがあるとすれば、それは《時間》です。 さて、「ゼロから会を立ち上げし ...

下記の漢文を備忘録へ記録します。 発展委員会委員の発言は正にその通りである。訳しませんが、この原文を記録しておきます。 じつに、 洪のブランドを掲げて義の精神が偽の精神へ、相互扶助は相互利用に ...

小林です。 出会う皆さんはそれぞれ素晴らしいものをお持ちです。 お話をしますと、博識な方、良識な方、しっかりと目標を持つ方、良き未来を求めている方などなど、常に日々勉強になります。 その一つひとつを丁寧に吸収し、わたくし自身の糧へとなる事は言うまでもあ ...

〜最近ツイッターでツイートした文のまとめ〜 洪門(ほんめん)には、洪門大五房(ほんめんだいごぼう)がある。この宗家五房に属する全ての山、堂及び支流組織をまとめた名称である。洪門が 『房』を用いるわけは、所属する会員の出生系統を表すこと、または正統出所を ...

〜最近ツイッターでツイートした文のまとめ〜 洪門(ほんめん)洪門に五つの大系統が存在する。長房(長兄のような)青蓮堂(せいれんどう)、二房洪順堂(こうじゅんどう)、三房家后堂(かごうどう)、四房参太堂(さんたいどう)、五房宏化堂(こうかどう)有り。日 ...

「パラダイス文書」 明らかになった超富裕層の租税回避の秘密 BBC NEWS JAPANより http://www.bbc.com/japanese/41881881 (以下転載) BBCパノラマ「パラダイス文書」取材班 タックスヘイブン(租税回避地)に関する資料が新たに大量に流出し ...

台湾が親日な理由は彼らにあった。台湾の発展に尽くした日本人列伝 MAG2NEWSより http://www.mag2.com/p/news/157359 (以下転載) かつて日清戦争で勝利をおさめた日本は台湾を50年もの間統治していましたが、日台間には現在まで大きないさかいもな ...

小林です。 良い言葉は心にしっくりとくるもので、受け止め方で様々な面も持ち合わせています。 表題に、面白おかしくやりたいのなら…と書きましたが、次の二方の言葉は正にその通りだと思います。 ...

人徳のある人の6つの特徴とは? 一言で《徳(とく)》とは分かるようで意外と分からないのが事実。分かりやすく説明がなされているサイトがありましたので、是非ご紹介したいと思います。 ...

選ばれし3%の人しか持っていない"X印"手相が最強すぎる! 「偉業で歴史に名を残す」運命にあることが200万人調査で確定(最新研究) http://tocana.jp/2017/10/post_14903_entry_2.htmlより (以下転載) 「手相」は東洋の占いというイメージが強い ...

↑このページのトップヘ