天徳・地徳・人徳 ~ 気になった時事 & Dのサンクチュアリー ~

一般社団法人 洪門天地會青蓮堂日本總會 Japan Lotus Chinese Freemasons (JLCF)

小林です。 二月ごろのブログで本会の会章ロゴについて説明をしました。 〜会章の意味は〜http://acfreemasons3821.blog.jp/archives/69030401.html その後、コンパス定規ロゴに関して、色付けバージョンを作り上げここに提示致したいと思います。私た ...

小林です。 こちらライブドアさんで、わたくしは拙いブログを書かせて頂いておりますが、なにせ気ままな為、ブロガー?になるとは到底思わず、思った時に思った事を書いています。(但し発言に気をつけながら) それでも、このブログをご覧になられる方々が多いこと ...

小林です。 二月からわたくしの個人コメントや会の事を載せております。 (一例として) ー身につけるものー http://acfreemasons3821.blog.jp/archives/69671555.html 今日は会章(マーク)のコンパス定規につい ...

小林です。 面白い記事が目に止まりました。 いまでは世間一般的に認識されているこの「報・連・相」。 これは、「報告」「連絡」「相談」のそれぞれの頭の文字をとって「報連相(ほうれんそう)」とした訳でありますが、さかのぼる事1 ...

小林です。 許可を頂きましたので、下記のサイトを掲載致したいと思います。 ところで、世間では洪門(ほんめん)に対し様々な論評がされております。しかしそれは学者や研究者らの努力もむなしく、百年以上も前から研究をしていても、真理が見えて来ず解明は難しいと ...

アジアの秘密結社  洪門 理解度テスト 押す⇒⇒⇒ http://kentei.cc/k/1533593/ アジア発祥の秘密結社洪門(ほんめん)、17世紀に生まれ現代も引き継がれている。今や活動範囲は全世界へと広がりさらに成長している巨大な民衆組織です。 ...

小林です。 暑い日が続いています。 世間の諸問題の解決はいつになるやら。 ところで、こちらの動画を観て 『その通りだ!』と感じ、 人それぞれ受け止め方は違うが、 わたくしはズッシリと重く受け止めた動画となりました。 参照動画 押す ⇒⇒⇒  https://you ...

小林です。 皆さんは北投石(ほくとうせき)をご存知でしょうか?この度書籍を用意しました。 万病を癒すと言われている謎の奇石「北投石」。まだあまり知られていないこの薬石は、微量の放射線を発していると言われています。 この「北投石」の高価や効 ...

気をつけろ!ジョージ・ソロスの「アメリカ売り」が始まった 週刊現代より http://gendai.ismedia.jp/articles/-/51961 (以下転載) 「アメリカ・グレイト・アゲイン!」。トランプ大統領のそんな威勢のいい掛け声とは裏腹に、米国経済に不穏な兆しが ...

備忘録へ -----各国の大統領や主要人物の暗殺、戦争や革命を起こす計画にもスイス銀行が関与 !!!----- 2011年5月30日のWeAreChangeによる著名なスイスの銀行家とのインタビューで、スイス銀行の高位レベルの経営陣とビルダーバーグ・クラブの間の深い結 ...

小林です。 汗ばむ日が続いていますが、 ジトジトした梅雨の足音がそこまで聞こえています。 今日はこちらの記事を読んで 感銘を受けましたね。 東洋経済より 尼さんとクリスチャンの男が結婚してみたら「宗教バラバラ夫婦」の日常を追ってみた 2017年 ...

手塚治虫が描いた「在日」 小林です。 二月からわたくしの個人の意見や会についての事を載せております。 参照《価値を知る》 http://acfreemasons3821.blog.jp/archives/68872555.html 今日は上の表題が目に入りました。 いま、私たちはど ...

以前届いたご質問をすこし文章を修正してご紹介致します。 Q&A Q、洪門は別名チャイニーズフリーメーソンやアジアフリーメーソンとも言うようですが、中共側ですか?それとも国民党側ですか?もし中共側なら反日組織ですか? A、御質問あり ...

小林です。 6月になりました。 一年の折り返しですね、早いものです。 つぎの動画を観るたびに心に有るものを 吐露したがります。動画を観てどう感じるかはそれはあなた次第です。 拳を繰り出すことは なにも相手を傷つける事のために 有るものでは無い。 ...

小林です。 先般、アジアの秘密結社とも呼ばれます私たちは、関東で交流会を開催させて頂きました。 ご来臨には、様々な「世界」でご活躍されているとても「濃い濃い」メンバーでした。そんなメンバーから見てもさらに「濃い」方々には敬服の念を申し上げます ...

↑このページのトップヘ