つぎは、古くから伝わる漢文の問答です。
⑴と⑵に引き続き学術研討会からご紹介します。  


洪門天地会長房青蓮堂
洪棍 何俊元氏は言う。



洪門天地会は、釋教(仏教と道教の間的存在)・道教・儒教の三教合一の観点で成立された由来がある。
これには、中華の伝統的な文化三綱がある。

五常
五倫(ごりん)と並ぶ中国古来の基本的徳目。すなわち,仁・義・礼・智・信。孟子の四徳に信を加え,五行に配して五常としたのが漢代の董仲舒。晋代以降は五典(父義,母慈,兄友,弟恭,子孝)とも同一視された。

《四維》
国家を維持するのに必要な四つの大綱。礼・義・廉・恥の四つの道徳。

《八徳》
八つの徳目。仁・義・礼・智・忠・信・孝・悌(てい)。

つまり、私たちの日常生活の準則や規範から成る。

さらに、この巨大組織は『易学』を組織内部に構築し「太極」「八卦」「 天罡」「地支」「九宮」の運用転換を図った。これは以下の 《洪門一問一答》で見ることができる。


【洪門 〜各職位之涵義〜】
兄弟相會瑞氣昌
久聞義兄義昌隆
文韜經倫腹中藏
請教洪門何內容
洪家兄弟喜相逢
本弟學淺難精通
洪門玄機甚奧密
粗略共兄細端詳
義兄不必禮謙讓
才學文章遠傳楊
洪家根源何典故
有何涵義說端詳
洪門起義造木楊
為要反清復家邦
天地會合八卦教
招集義士立誓章
反清復明振家邦
忠臣義士盡知詳
洪門典故涵何意
望兄指示訴內容
三光朝天日月星
南神北斗十三爭
八卦陰陽歸九宮
乾坤旋轉復大明
日月星君復大明
十三加八二一成
尚有八字未知情
望兄共弟解數清
八德洪兒立綱常
孝悌忠信訂誓章
禮義廉恥為根本
三八二一萬古楊
太極兩儀成門戶
義兄經倫好精通
洪門涵義我知詳






この詩句から洪門(ほんめん)正統職位の意味を一問一答で見ることができます。これを昔の組織人たちは発覚をおそれて文面にせずに、文言を暗唱で覚えたり、あるいは歌詩(子守唄)のように覚えたりしていたのです。

しかし、これらはまだまだ 《秘匿のごく一部分》であることに対してひたすら驚嘆するのみです。

日本でも 『大企業病』というものがあるように、組織が巨大化するに連れ、統率能力が問われることは間違いありません。目的とする《信念》に対する意識がどれくらい理解されているのか、どれくらい貫く心意気がその人間にあるのか。 これはやはりやって来る者の精神の高さや自意識が問われるのではないでしょうか。

組織の信念に対し 確固たる同調する心がもともとなければ、入会したとしても最初から無意味になってしまうのです。

洪門(ほんめん)。
この世界は知れば知るほど奥が深く、入っていけば行くほど広いものがあります。正統をみれば、ならず者の集まりやマフィアなどでは到底ないことが分かり、ただただひたすらに驚嘆することでしょう。


文小林明峯


左側は洪棍何氏:右側は台湾副総統呉氏(撮影当時) 





#洪門 
#洪門天地会 
#ほんめん 
#チャイニーズフリーメーソン 
#アジアフリーメーソン 
#フリーメーソン 
#ほんこん 
#秘密結社 
#世界平和 
 #HUNGMUN 
#日本総会
#ChineseFreemasons 
#洪門長房