とあるブログを拝見しなかなか興のある内容。ブログ元主が分からなくなっていたが、備忘録として残したい。




「青幇・紅幇(ちんぱん・ほんぱん)義を大切に」
http://maria-kt.net/category8/entry54.html

皆さまの中にはやくざが凄いとか、そういった一般的に関与のある組織を凄いものだと思っているひとが大半かと思いますが、本当にすごいものは、表にはまず出てこないのです。

表に出てこない組織で私が個人的に素晴らしいと思うのは、

中国のちんぱんほんぱんです。

中国は皆さまテレビなどを通してマイナス部分が多く情報が流れやすいのは、日本の支配は、反中国思想があるので
必要以上に悪く言いたいのです。

悪いとこどりの部分ばかり配信すれば一般の方はみんな、その対象を悪く思います。

例えばテレビで、菅原は変質者だ、菅原は嘘つきだ、ともし仮に流したとしたら、私が一回でも嘘をついていれば、そのイメージが浸透し、全員私を嘘つき人間としか見れないのです。

中国には悪いところもあれば、良いところもたくさんあるのは当然ですよね^^

例えば動物惨殺の動画が中国で行われたものがネットに昔よくのっかっていましたけどアルバイトを雇い、動物を殺させ、動画も撮影させてネットに流せば、簡単にみんな中国=ひどい国だ!となるわけです。

本当にひどいのは、そういった事実をでっち上げる汚い人間です。

そう言う奴らが中国を今まで悪くしようとしていたのですね^^;

しかし中国は国家としては非常に器のでかい国でしたので、子供が悪さをしているかと思うようにある程度黙っていたのです。

しかし、そのようなガン細胞が増殖してアジア全体に悪影響を及ぼすくらいに増殖したので、国家の危機レベルでしか動かない組織が動き始めたのです。

世界は本当に広いです。

日本で有名な組織、山口組、何万人いるのはわかりませんが5万人だとします。

しかし、国家の危機レベルでしか動かない組織は青幇・紅幇(ちんぱん・ほんぱん)といい、凄まじい力を持っているらしいです。

約300万~400万人もいて、更に一人一人がただのチンピラではなく、礼儀や義理をしっかりとわきまえた、つわもので、犯罪をして食っているのではなく、一人一人が表社会で会社経営をしたりと、表のビジネスで食っています。

一般的に関与するやくざとは違い、もっと上の組織です。

青幇・紅幇(ちんぱん・ほんぱん)は例えばやくざを必要悪とみなすはずですので、そういった一般的な事に関与はしませんが、もし日本のやくざをアジア全体に出入り禁止だと言えば、簡単に出入り禁止にできるとも言われています。

青幇・紅幇(ちんぱん・ほんぱん)、得に青幇は、世界レベルで動く組織なので一般には知られていません。

青幇紅幇は墨子思想で動くのです。

墨子思想とは天下の利益は平等から。天下の損失は差別から。という立派な思想ですね。

言い換えるとアジアを大きな危機が訪れた時に影からそっと、守ってくれている組織になります。

昔、紅幇の中の一部の組織が幼女売春を行っていときに、同じ紅幇の組織が壊滅させ幼女売春の組織のメンバーを皆殺しにしました。
そして幼女を全員救い出し、自分らの集落学校に入れたんです。

この組織は非常に「義」を重んじる組織なんです。

人間として「義」を忘れると人が人ではなくなっていきます。

そんな「義」が虫唾が走るほど嫌いな人たちのてっぺんが反中国グループ的な事を行うのでしょうね。

そのグループはこ日本に住み着いていたわけです。

青幇紅幇はものすごい組織ですので、個人に対しては動きません。世界レベルで動きますから一般の方は知らないのです。
一般の方の身近なものはヤクザですね。

世の悪と戦うには青幇紅幇ぐらいの組織力がなければできません。

何故、青幇・紅幇(ちんぱん・ほんぱん)が知れ渡らないのかと言いますと、無駄なチンピラのように『俺はどこどこの何々だよ』と言う人間が組織の中に一人もいないからです。

聞いたところによると、組織に入るには数年の審査があるそうで、あらゆる事で試されるそうです。

口を割るような人間かどうか、とかかもですね;^^

紅幇(ほんぱん)は必要であれば表に出る事もあるそうですが、青幇(ちんぱん)は自分が青幇(ちんぱん)であることを言ってしまえば『義』に反する行為として
掟によって抹殺されてしまうので、自分が青幇(ちんぱん)の人間だ!なんて言う人はいないらしいです^^

ネット上を検索すれば、青幇・紅幇(ちんぱん・ほんぱん)のイメージを悪くしようとする書き込みもあるかと思いますが、真実は違います。

単純に麻薬を扱うと悪い奴だ!というのはお子様な考えです。

例えば日本に流れてきた覚醒剤のほとんどは北朝鮮からでしたが、麻薬王となる存在が『1、一般人の勉強の為』とするか、『2、独裁国家へと変貌させる為の洗脳の道具』とするか、このどちらかの思想でガラッと変わります。

1がもしいなければ自然に2になりやすいのです。

完全にゼロにする事は出来ないので、1を維持する事が理想なのです。

難しいですけど、一般人には理解しがたい事が上では普通なのです。

上は下の影響もしっかり考えなければいけません。

ただ言える事は、青幇・紅幇(ちんぱん・ほんぱん)という組織が動き始めているという事は、アジアの危機でもあるという事ですね^^

そして厄介な事に世の中に真実を織り交ぜながら、巧妙に破壊へと導こうとするものが力強く動いている事もまた事実でしょうね;^^

青幇・紅幇(ちんぱん・ほんぱん)は、誰に認めてほしいわけでもなく、どんなデマで嘘つかれても自分たちの信念を貫く人間が、陰で静かに『義』を重んじて行動していることに私は感動しました。

何故こんな話をしたのかと言いますと、私たちには無縁の世界であっても、『義』を大切にする事は、子供たちの未来を大きく変えるからです。

『義』を大切にした未来…明るい、人が人らしく生きれる未来
『義』を大切にしない未来…暗く、無法地帯で金や力がすべて

子供たちにどんな未来を残すかは、一人一人の人間次第ですね^^

『義』と言っても義のつく言葉は非常に多いですね;^^

正義、仁義、恩義、大義、忠義、信義、道義…まだまだあります;;;

簡単にいえば『人としての正しい道筋』だと思います。

そして義をどうでもいいと思う人間が溢れかえってる昨今では、義に価値が生まれています^^

少ないと価値が生まれてくるので、これからの時代は、『義』を大切にするひとに価値があるのです^^


(参考図)
image




洪門天地會青蓮堂日本總會

Facebookページも宣伝