インターネット開発の目的とはもともと米ソ冷戦時代にアメリカの戦略的な一兵器としての側面を持ち、それは…
【ARPANET】
(アーパネット)
” Advanced Research Projects Agency Network”
といいます。

1969年にアメリカ国防総省の高等研究計画局(ARPA)がUNIX(ユニックス)コンピュータ同士をTCP/IPで相互接続したのがインターネットの始まりであり、それが冷戦終了以降、民間に普及されたことは皆さんもご存知でしょう。



↓↓↓ポチッと押すらしいですよ。

〜人気ブログランキング 社長ブログ〜
会の代表であり社長ではありませんが、遠からずということで…。


(真実を探すブログさんより
”ARPANET”をご参照)

http://saigaijyouhou.com/blog-entry-307.html


インターネットのネットワークを全世界でつなぎ情報の全一本化、情報の集約収集、ステルスの一元管理、情報の統率、個人情報の管理および運用それはあたかも…
「お前らのやった事は、全部全てスリッとまるっとお見通しだ!」
、と何処かで聞いたようなセリフが耳にまとわりつきそうです。(笑)
2014-05-08-12-51-40



個人的な・・・・・
管理された日本の報道では正直マトモなものはないが株価くらいはまだ信用できましょう。こう言うと私を陰謀肯定論者に思われてしまいますが、大きな枠組みの中から脱することは大変なことであります。

数々の論評(トンデモ論•宇宙人論•スピリチュアル論•信神仏論•親宗教論•秘密結社論•陰謀肯定論や陰謀否定論)etc.
などをAmebaプロフィールにあるとおり「渡り歩き」の探究心でいまに至ります。


(トンデモ)
2014-05-08-16-28-08


(宇宙人)
2014-05-08-15-06-25


(スピリチュアル)
2014-05-08-15-11-08


(神仏/宗教)
2014-05-08-15-04-23


(結社)
2014-04-13-12-08-43

(参考)
『いちらん屋〜秘密結社の一覧〜』
http://ichiranya.com/politics_economy/043-secret_organization.php



しかしトンデモ論と馬鹿にされてきたモノはいまや現実に多々存在します。そして理解出来たことは、
「自分でリミットを付けること」
「自分がその立場になること」

このふたつでした。

この「リミット」を付けることは後者よりは簡単でした。論評のスパイラルに陥ない(おちいない)ようストッパーを掛けるのです。論評にストッパー?それでは「殻をやぶく」のは出来ないのではないかとご指摘を受けそうですが、私は門戸を叩き自身の目で見て耳で聞きます。これはこれで大変かもしれません。
(苦笑)

アポ取り直接対面でお会いするわけですからこちらは警戒あちらも警戒、そんなものです。一度かなりご年輩の方から言われた事は「あなた様は大物かバカものかのどちらでしょうねぇ」と。
笑えますね。


そして、後者の「自分がその立場になること」、つまり組織人になる、こちらは現在進行形になってしまいネットでの井戸端会議、真偽の疑う世界から抜けいわゆる禁断の門、公表は控えたいのですが『”世界はふたつある”、表の世界は虚空世界、裏の世界は真実世界とその織り交ぜ』とひとまずお答え致します。

(ブログのほうもいつまで書けるかはわかりません)



ただおそらく後者の道は一生を賭ける事になりますが後悔はありません。得るものも無くすものもありましょう。しかし一度の人生、ならば
「わが生涯に一片の悔いなし」と最後は言いたいものです。
これも何処かで聞いたようなセリフ…。
2014-05-08-14-33-42


また本日ご紹介したい事とは大分逸れてしまいましたね。
下記のこの『利権』は恐ろしいものです。しかし結局は、
信じるか信じないかはあなた次第。


PS
余談ですが赤十字はあまり批判はしないほうが良いかもしれませんね。
そして「北投石効能」とお調べ下さい。
興味のある方は私へ。



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆




輸血に関するウソ、赤十字社などの血液利権の巨悪犯罪(1)
14/02/28
http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&t=6&k=0&m=287845


だいだいこんの日常より
http://daidaikonn.blog27.fc2.com/blog-entry-411.html

=============================


(文転載)
輸血は、役に立たないようです。役に立ってもせいぜい水分補給くらいの意味しか成していない。
毎年日本だけで数万人は輸血という医療犯罪によって亡くなっている。また輸血による後遺症で苦しんでいる人が何ら救済されずに放置されている。



血液利権、輸血は堂々と行われた生物化学テロである。輸血が人を救っている、輸血でなければ人は救われないという常識は彼らがひた隠すガン利権同様のウルトラ大ペテンである。

赤十字社は世界最大の屠殺場、生物化学テロ犯罪組織、人口削減機関である人間の歴史上、いまだかつてまともに輸血が成功した事例はない。

薬害エイズや薬害肝炎を上回る巨悪犯罪が、今もウソ八百の医学理論を隠れ蓑にして堂々と行われている。薬害エイズも薬害肝炎ももともとそれを拡大させたのはウソ八百の血液利権である。

これらはいまだにウソ八百の医学理論を隠れ蓑にして、輸血による感染や副作用関しては仕方がないという建前を前提にして真犯人達は捕まっていない。

実際には非加熱製剤と同様に代替品はとっくの昔からある。

毎年日本だけで数万人は輸血という医療犯罪によって亡くなっている。また輸血による後遺症で苦しんでいる人が何ら救済されずに放置されている。

ただし、たいていは輸血単独で死んでいるのではなく、他の毒剤や有害処置も含む複合的な毒性によって死亡させられている。因果関係の比率として輸血の割合が大きい。

実は輸血によって救われた人など歴史上、まったくいない。そう思わされているカラクリがあるだけで根本からウソである。輸血などしなくても助かっている方法はあるのである。正当な方法を隠すことによって成り立っている虚構である。

輸血で助かった話は、まったく何もしないで放置するよりはマシだろうが、役に立ってもせいぜい水分補給くらいの意味しか成していない。つまり、水分補給くらいの役にしか立たないのだから生理食塩水を飲ませたり、輸液するほうが生存率が高くなる。まったく何もしないで放置した場合の生存率と比較して、輸血が人を救っているように演出しているに過ぎない。

輸血以外では人は助からないという説は抗ガン剤利権と同じく、ウソ八百の医学定説である。むしろ、輸血をするから助からなくなるのが本当の人間の生理学の真実である。

たとえば、事故で半分の血液が流出したとする。この場合も輸血をしないほうがはるかに生存率は高くなることは既に多数の事例で実証されているし、その証言や事例も多数ある。

輸血をするとほとんどの場合、重大な副作用で危機的状況に陥り、生き延びたとしても次々と余病が発生するが、結果的に医猟産業が儲かることになる。

輸血をしない方法に切り替えた医者の多くは、「輸血をしていた当時よりも劇的に生存率や回復率が上がった」ことを証言している。つまり、輸血が悪化させて殺していたと言うことである。これは血液利権の犯罪を立証している。

なぜ輸血が人を殺してしまうのかという科学的根拠や事例やメカニズムを多数の証拠資料で提示する。他人の血液を入れるから助からなくなるのだ。

輸血は有害かつ、猛烈な発癌作戦である。そしてその余病が巨額の利益をもたらすためにわざと余病を発生させることを目当てに行われているのが実態である。海外では医者は自分や家族には拒否しているし輸血をする必要性が実はないことに気付いている。

結果的にエホバの証人の輸血に関する判断は正しい。ただ、それはおそらく血液理論を理解して拒否しているのではなく、結果的に輸血拒否することに関しては正しかったというだけだろう。輸血拒否で死んだのは正当な医療を施す体制がなかっただけでそのメカニズムは既に解けている。

輸血は抗ガン剤と同様にきわめて深刻な後遺症を与える危険な行為であるが獲物には隠されている。そのホンネは発ガン作戦と同じく、終身カネヅル化増病作戦である。輸血の後遺症は化学兵器による後遺症と同様で深刻で、その余病が暴利をもたらすのである。

一部の良心的な正当な医療を行っている病院ではまったく輸血はおこなっていないし、これらの有害性を理解している。

輸血は生物化学兵器のテロに近い犯罪である。感染症を広げた元凶も血液利権である。赤十字社は世界最大の生物化学テロ集団である。また輸血はガン治療の総放射線量と同等の猛烈な放射線がかけられており、血液としてはまったく変質した放射生物質になっており、実は血液としての性質や機能は既になくなっている有害な毒に過ぎない。

輸血された血液は赤血球も白血球も正常には機能していない上に放射能汚染物質を大量に体内に投与されたことになる。輸血をされると大量に放射線被曝を受けたのと同じ状態になり、臓器障害、多臓器不全、感染症などが発生するが、そもそも輸血には添付文書や救済制度がないという重大な欠陥がある。

それは輸血しなければ死んでいたのだから仕方ないだろうというウルトラペテンが建前にあるから、後遺症で苦しんでも、「その時に死んでいたよりはましではないか。助けてもらっただけでも感謝しろ」という言い訳が建前上、成立しているからである。

輸血される血液の本当の実態は放射性廃棄物と同様の毒物である。放射能汚染された廃棄物を体内に投与されるのと同じである。輸血は放射性廃棄物を入れるのと同様の保険金殺人事件である。

輸血血液は一発で50グレイ程度の放射線が照射されており、さらに有害な化学剤で汚染されているため大量輸血をすると急激に余病が発生するか数ヶ月という短期間で死亡する。輸血される血液は放射能汚染をされたものであり、わざと放射能汚染をさせた劣化ウラン弾のように化学兵器剤に近いものに変質させて投与しているのである。

(転載了)



人気ブログランキング 社長ブログへ






『国指定特別天然記念物 北投石の秘密―天然ラジウムが難病を治す』
安陪 常正



『私たちは玉川温泉で難病を治した―最後の望みを賭けた感動の証言集』
田中 孝一



『医師がすすめる放射線ホルミシス 2 ラドン浴の実践』
ホルミシス臨床研究会



『3・11人工地震テロ&金融サイバー戦争 二人だけが知っている超アンダーグランドのしくみ だまし討ちに気づかない日本人へ!これ以上毟られるのがいやならこれだけは知っておけ! 』
ベンジャミン・フルフォード,
飛鳥 昭雄, 船井 幸雄