『八卦』

陰と陽、正と負、日と月、
明と暗、生と死…
天の動きを見て地の脈を読む。
重要な出来事や儀式があるときは
天脈の暦に従う。

これは迷信などではなく
地球の『氣』
宇宙の『氣』
の運行法則である。 

その昔、
人びとは天空や大自然を観察し、 
【天道の陰陽】
【地道の剛柔】
【人道の仁義】
を編み出す。

宇宙とは《時間と空間》
の合わさりであり、
その法則を読み解き発明されたのが
「十二地支」「十天干」である。 
 

いまも現存するアジア最大の結社
洪門 HONG MEN
(アジアの秘密結社)は、
和平をのぞむどの会派、どの結社、どの国家、どの政党とも友好関係を保っている。

なぜならば、
洪門(ほんめん)の目線は
上空宇宙から見ており、
そこは国境線のない世界であり、
まさにワンワールドの立場である。 

そして、
この宇宙天体の運行を
洪門へ取り込み
重要な儀式や物事などが
あるときはその運行に従い、
日取り、
時間、
分まで
見極めてから実行する。 

洪門(ほんめん)の門下の人間は、
属しているというだけで
生まれる自信のみならず、
共存共栄や平和を守り、
そして兄弟(ブラザー)を大切にする《義》の精神を持っている。

さらに、大自然の運行法則をもとに
さまざまな形で
多次元的な対応ができるとしている。 

この八卦および九宮は、
無極虚空から太極を生み出す。

太極は陰陽に分かれて
それは天と地の両極になる。

天と地に分かれると四方が生まれ、
これを 《四象》と言う。
陰陽(上下)・四象が完成したのち、

森羅万象の『八卦』が形成される。