トランプ次期米国大統領、ニューワールドオーダーについて語る

Trump's Speech to the New World Order!




シャンティプーラより

私は今、アメリカを支配している寡頭政治体制が、大統領選挙を盗み取るつもりであると確信している。過去においては、寡頭政治家は、どちらの候補者が勝とうと意に介さなかった。両方とも彼らの所有だったからである。しかし彼らはトランプを所有してはいない。

おそらくあなたは、トランプが人々に何を語っているのか知らないだろう。それはメディアがそれを報道しないからである。次のように話す者が、寡頭政治家に愛されることはない。

https://youtu.be/EYozWHBIf8g

(スピーチのポイント
政府体制側は、どんな手でも使おうとしている。どんなウソでもつく。彼らの威信と権力を保つためなら何でもやるだろう――あなたを犠牲にして。現にそれが起こっている。ワシントン体制、金融、メディア、企業の存在する目的はただ一つ、彼ら自身を保護し富ませることだ。 体制はこの選挙に何兆ドルのカネをかけている。

これは単に4年任期の大統領選ではない。これは文明の歴史の分岐点となるものだ。これは我々が政府から、権力を取り戻すか否かをきめる選挙だ。
我々を支配しようとする体制側は、我々の悲惨な外国との取引や、膨大な不法難民に責任がある。 血を流させた我々の経済・外交政策。それは戦争で、彼らはどんなことにも限度をもたない。我々の現体制は、我々の命にかかわるもので、これは我々の生き残りをかけた選挙だ。我々の民主主義は幻想で、我々を苦しめることによって彼らは成功する。我々のような、 力によって世界政府の樹立を目指すような文明は、年貢の納め時だ。これらの者たちは完全に堕落している。クリントン夫妻は犯罪者だ、それを忘れるな。権力者たちは不正を行い、どんなことでもできるが、彼らの堕落の深さは、計り知れないものだ。

寡頭政治家とはどういう人たちか? 

――ウオール街と大きすぎて倒れようのないメガ銀行、それに彼らの機関である連邦準備銀行(Fed)。これは、何百万という困窮するアメリカの住宅所有者よりも、5つの銀行を優先し、この人々をトイレに流すことを許した機関である。メガ銀行のバランスシートを、彼らの無責任な振舞いから救ってやるために、Fedは、定年退職者の貯金についた利子収入を、8年間完全に差し止め、年配者が貯金を引き出さざるをえなくし、彼らの後継者は、企業の業務のオフショアリング(海外委託)のために、失業して文無しになっている。

――軍‐安全保障複合企業。これは、我々の税金による何兆ドルというカネを、彼らと彼らの権力を豊かにするために、15年間の、 完全にウソに基づいた、不必要な戦争に費やした。

――ネオコン(新保守派)たち。この者たちの狂気じみた、アメリカによる世界制覇イデオロギーが、アメリカ人民を、ロシアや中国との軍事衝突に向かわせている。

――アメリカのグローバル企業。彼らはアメリカの雇用を、中国やインド、その他の場所に送り、より低い賃金からのより高い利益によって、 "1パーセント"をより豊かにしようとしている。

――アグリビジネス(モンサント等の農企業)。これは土地や水や海洋を毒で汚し、彼らの GMO 製品や除草剤や殺虫剤、また化学肥料によって、我々の食物を汚染し、一方で農作物を受粉させるミツバチを殺している企業である。

――抽出(掘削)産業。エネルギー産業、鉱業、フラッキング、林業で、これらは環境と水資源を破壊することによって、利益を最大限にしている。

――イスラエル・ロビー。彼らはアメリカの中東政策をコントロールし、ちょうどアメリカが土着アメリカ人のジェノサイドを行ったように、パレスチニア人に対し、ジェノサイドを行っている。イスラエルは アメリカを使って、イスラエルの邪魔をする主権国家を抹殺しようとしている。

寡頭政治体制が、選挙を盗もうとしていることを私に納得させるものは、売春メディアの報道と、現場の事実の巨大な違いである。

売春メディアによれば、ヒラリーが断然先頭に立っているので、トランプ支持者はわざわざ投票に行く必要がないということだ。ヒラリーは投票前に選挙に勝ち、93%の確実さで勝利していると宣言されている。

私はヒラリーの看板は一つも見たことがないが、トランプの看板はどこにでもある。私の受けている報告は、ヒラリーの演説会には出席者はいないが、トランプのそれは満員で、入場できない人があるとのことである。

(中略) 

選挙の不正のやり方は、次のようなものと考えられる。わずかの企業の手に握られたメディアは、一斉に、アメリカだけでなく世界に対して、ドナルド・トランプは話にならないひどい候補者なので、投票前にもう負けていると思い込ませている。

説明をうまくやれば、選挙が盗まれたとき、この不正に挑戦する人々は、メディアに根拠をもたない。すべてのメディア報道は、女性を侮辱し移民を憎むトランプに対して、ヒラリーはぶっちぎりの勝利だったと言うだろう。

そして、リベラルで進歩的な意見は、ヒラリーが我々を核戦争に引き込むときには、軽視され、孤立無援となる。寡頭政治体制が、アメリカ人民から選挙を盗み取る意図をもっていることは、テキサス州の事前投票での、公的に報告された投票機械の振舞いによって確かめられている。NPR(ナショナル・パブリック・ラジオ)売春報道は、ヒラリーが大変な人気なので、 共和党のテキサス州でさえ、選挙ではお手上げなのだと宣言している。

もしこれが本当だとすると、なぜ投票機械が、トランプ票をヒラリー票に変えるようにプログラムされる必要があったのか?トランプに投票したことが確かなのに、ヒラリーの方に記録された投票者が、不服を申し出た。選挙管理人たちは、機械の不調(一方にしか作動しなかった)だと言って、紙の投票に変更した。しかしそれを誰が数えたのだろうか?"機械の不調"で、 ヒラリー票がトランプに行ったものは一つもなかった。トランプ票がヒラリーに流れただけだった。

(中略) 

現在、アメリカでは、決定的に重要な大統領選挙が進行中だが、たった一つの重要問題も、 ヒラリーや売春メディアによって問われていない。これは全面的な欠陥である。かつて世界の希望であった 民主主義は、アメリカ合衆国では完全に失敗した。トランプは正しい。アメリカ人民は、人民に対して責任をもつ政府を回復しなければならない。






(注)本サイトの記事紹介は、全てにおいて各出版元へ連絡し基本的ルール、要求または要望に従い掲載を行なっております。読者個々に於かれましても転載の際は、これらを十分に理解した上でのご判断と認識し、つきまして再度転載に関わる全ての責任を負いかねることを申し上げ致します。