ご機嫌よう、小林です。
わたくしが会員方の皆さんへお伝えする言葉のなかにはこんなセリフがあります。


「焦らず、驕らず、謙虚さと内なる自信を持って!」
これは自制する念を込めて心がけたい心情としております。


《焦らず》とは、直感的に物事を判断しなければいけないときも勿論ありますが、いかなることにおいても、物事がうまく運び進むとき、または失敗ばかりでうまく事が運ばないときにこそ、心なしか一旦下がり、冷静な目線で「おのれ自身」を一度観ることを指しています。

人は、急ぎ足の時にこそよくつまずくものです。適度なスピードも必要ですね。


《驕らず》とは、人は成功をしたときに、やり遂げた達成感と満足感を感じるものです。そして自負心(自分の才能や仕事について自信を持ち誇りに思う心)が生まれ、適度にあるものならばいいのですが、やがて増大する傾向があります。

ある事を自分ひとりでやり遂げたとしても、そこに「感謝のこころ」を忘れずに持ち、後進を育て、導いてあげてこそ本当の達成感や満足感が得られるものです。


《謙虚さ》とは、歳を重ね徳を積んだとしても、肩書きが付き偉くなったとしても、それら鼻に掛けず、自慢もせず、大口もたたかず、「"自分"というものを磨きつづけること」だと思っております。

人は、謙虚という言葉を知っていたとしても、謙虚の心はなかなか持てないものです。失ってはいけないものがここにあります。


《内なる自信を持って》とは、さきに述べた三点を踏まえての心意気の部分です。

焦らずに適度に、驕らずに一歩一歩と、謙虚さをこころ忘れずに、それでいて誰にも負けない絶対的な向上心や、徳の意を知り自己研鑽し、「品徳を身に付ける」ことです。不動な自信は自ずと、不戦不敗へと繋がり、その心は、勝つ事ではなく負けない事なのです。







つづく