小林です。

いろいろな人びととの出会いがあり、その中でふと感じたことは皆さんから洪門(ほんめん)すなわち天地会とは「なに者?」ということです。

海外では、伝説の結社や時代が求めた結社、または心情の奥に見える心の繋がりを具現化したもの、はたまた悪の巣、マフィアなど、明と暗を兼ね備えた組織として捉えられていたりもします。

そんな霧の中に存在するような組織なので、日本では《なおさらわからない》となる事は、まことに想像に難しくない。

そこで今日は、そんな洪門(ほんめん)の標語にあたる一つの言葉をご紹介させて頂きます。

順天行道(じゅんてんこうどう)》です。

ただその前に、
この場を借りて一つ申し上げたい。

皆さんが思う以上に、この組織洪門(ほんめん)別名Chinese Freemasonsは、欧masonryまたは米masonryと同様に「よく真似をされる組織」なのです。おそらくそんな輩(やから)はこれを利用し、なにか儲け事や悪事を働いていることでしょう。洪門においては、台湾にそれは多く存在して居るが、その中で正統は台湾青蓮堂總會である。

ですので、内容の情報開示をする側としてはとても慎重です。、全てはなくても六、七割程度の開示となります。
どうぞご了承下さい。



【順天行道】
(じゅんてんこうどう)
すなわち、天に順い(したがい)、示された道を行く(ゆく)。

我々、洪門(天地会)は『順天行道』を旗に刻み、旗印として掲げている。旗には略字とし《川・大・丁・首》が記してある。

洪門の精神は、「忠心義氣」(ちゅうしんぎき)(かつて日本にもあった武士道のような、或いは欧州の騎士道のような)を基にしており、これは社員同士が身分を証明するときの「腰屏」(ようへい)にも正確に書かれております。

「八卦を用いた」宗教的観点が、基礎に存在し、『理念』『思想』『制度』『職位』などなど皆《周易》太極八卦の九宮五行から由来している。そしてこの宗教的観点から《順天行道》(天に順い、示された道をゆく)の思想概念(思維)が根本として生まれたのである。

とても良い解説があったので、ここに引用したい。

社員たちは、自然や環境の試練を受けながらも「逆来順受」(ぎゃくらいじゅんじゅ)逆境を順境として受け止め、つまり苦しいピンチだと思わずに、起こるべくして起こった天命だとして受け止め、または、逆境や困難だと感じたとき、慌てふためいたりせずに、うろたえたりぼやかずに、真摯に正面からしっかり受け止めようという心情とし、誠に行動をせよ。いう意味なのである。

以上の事から、儒家思想である三綱五常四維八徳が加味され、民衆は相互協力や共済をし、経済的発展する明主(賢い君主、明君)の降臨を待ち、やがて明君を補佐し、平安な世の中または世界大同(ワンワールド)を目指していく。という思想が構築される。

そして、時代がどう変わろうと、また地域(国)によって呼び名がどう変わろうと、我々洪門(ほんめん)の兄弟らはこの『順天行道』を最善とし、世界を変える原動力としている。


さらに、

我々には《一人でも多くの敵を増やす事より、一人でも多くの友を増やそう》という概念もある。

この事から、親(正統ではないのに、洪門を名乗った団体)を選び間違えた者がいる、旗印があからさまに違う集団がいる、偽物かも知れない者などに出逢ったとしても、我々宗家は否定をせず攻撃もせず、しかし訪ねてきた時以外、わざわざ間違えてしまったその人に教えてあげることはなく、我々自身が『正統』を知っていれば良いのである。

なぜなら、(間違えてしまったとは言え)それはその人の天命なのだから。





(追記)
すなわち【順天行道】は、全ての変化変革に対応できる「応用性」「順応性」を心に芽生えさせ、どんな逆境の環境下においても、人間の進化力を退化させない精神を持つこと。
思考をマイナスからプラスへ変換することは、今の現代社会または現代人には必要なのかもしれません。




(以下参考図)






参照サイト





(会ロゴ色付けバージョン)