小林です。

二月からわたくしの個人的に思うことや会の事について書いています。


ご参照

「価値を知る」

http://acfreemasons3821.blog.jp/archives/68872555.html



世相が慌たゞし中、本日はとある「日本の憲法」について考えるシンポジウムへ密かに参加をさせて頂きました。憲法について右もなく左もないとし、それが若い人たちの間で真剣に考えるようになってきたことは、難しい問題ではありますが誠に嬉しい事に感じますね。



さて、

少しずつながらアジアの秘密結社がネット検索で出てくるようになりましたね。ただ、マフィアのカテゴリーにされて[・・・実際は全くちがうのになぁ]と心寂しく思うところではありますが。


以下は、洪門(ほんめん)について結社の区別を理解し書かれている箇所が載っているサイトを見つけました。 



(孫文)



ネットより

http://www.wikiwand.com/ja/%E8%BE%9B%E4%BA%A5%E9%9D%A9%E5%91%BD



(文中より以下転載)


〜結社参加者〜

清末期、各地で洪門(天地会)五房の長房青蓮堂、二房洪順堂、三房家后堂、四房参太堂、五房宏化堂または別の四川発祥の哥老会などの秘密結社が結成され、反清活動を展開した。これらの秘密結社に参加したのは地主士紳、農民、手工業工者、商人などであり、士兵を初めとする都市で生活する各階層の民衆や無頼漢によっても構成され、地主士紳階層が中心となり「反清復明」の思想を提唱した。


哥老会は華興会を、青幇は光復会を、三合会は興中会とそれぞれ親密な関係を構築し、孫文もかつては広東省由来の洪門二房洪順堂会派の致公堂の会員であった。1908年以前、革命人士はこれらの結社と緊密な連絡のもと武装蜂起の準備をすすめ、清打倒に重要な役割を果たした。


(転載了)

清末期⇒ 明朝末期が正




私論、、、


『秘密結社』

実態の解明が難しい集団。

いかがわしい集団。

カルト的な集団。

悪魔崇拝の集団。

はては、世界を支配する集団。

などなど。

しかし人を引き付ける魅力な言葉



洪門(ほんめん)には、多くの客家の人びとがいます。海外の華人や華僑は6000万人としており、その90%がなんらかの洪門組織に所属しています。


辛亥革命の起義(革命)後、洪門は蒋介石(青幇)の圧力により地下へ潜り、哥老会は蒋介石の軍閥とともに台湾へ流れ勢力を伸ばしていく。ですので、台湾で洪門と名乗る組織の多くは哥老会であり、地下へ入った洪門ではないのが正解。もっとも、清朝への対抗する共闘協力の案を哥老会へ持ち込んだのは洪門側でありました。


この、秘密結社である洪門はアジアの地で静かに発展し、合わせて北米南米へ散ったグループはチャイニーズフリーメースンとして発展していきます。

その後ヨーロッパへも進出。


時は流れ、いまでは各国で有望や希望のある人びとも吸収しつつ、世界をまたがる一大勢力(客家グループ、又はアジアの国際共済会組織)として成長しております。



(古い直伝本)

 

ただ今だに、ネット検索をすると五祖宗家である洪門(天地会)がなんとチャイニーズマフィアとカテゴリーされているようですが、組織構図を真似た連中を取り上げたのだと思案できます。例えると、地面の表面を掘っただけで、全てを掘り起こしたと思っているのでしょう。そもそも、洪門(ほんめん)を研究している専門家や学者らでも、すでに百年以上掛かっていますが、す べ て の 解 明ができていないのですから。




秘密結社・・・

おそらくこれは人間が社会構成を作るなかで、必ず出来るものであり、そしてそれはいつの時代でも人びとを魅了することでしょう。


 



(孫文と日本の志士)





参照サイト

ドラゴンのサンクチュアリー 思念の源(生命の樹)







つづく



補足

おもしろい参考サイト


客家【ハッカ】とアルケナージユダヤとはどっちが優秀(知能が高いか)ですか。


客家と華僑のちがいは?どちらも中国で財をなした商人という意味のようですが具体的に何が違うのですか?


客家人の一覧


客家18の教え


ついに教えて頂きました。奥の院