小林です。
こちらライブドアさんで、わたくしは拙いブログを書かせて頂いておりますが、なにせ気ままな為、ブロガー?になるとは到底思わず、思った時に思った事を書いています。(但し発言に気をつけながら)

それでも、このブログをご覧になられる方々が多いことに、心から驚きと喜びを感じている次第であります。

この場をお借りして御礼申し上げます。



て、西洋のフリーメースン内に取り決めがあるように、私たち東洋のフリーメースンの洪門(ほんめん )にも取り決めが存在します。

例えば、会合の時に政治と宗教は語らないとしています。(個人主張する)

それは、政治と宗教は、如何様にもそれをコントロールが出来たり、思想を変えたり、争いごとの発火点になる要素が多々有るからであります。

一見してなんの変哲もなく、政治は皆で決めるもの、宗教は個々が自分のテリトリーで自由にやればいいと思う方がいたとするならば、この先の世界観はおよそ一生のなかでしょう。求めるものに対して拒否はしません。

確かに、ビジネス(金融)をコントロールする事も、支配をしたい側にとって重要な位置付けと思うが、人びとを統治するのはやはりそれは政治と宗教です。

このように、私たちは会合においては、個々の会員の思いはひとまず置いて頂き、会合に神経が集中ができるよう、語らないとしているのです。外では、ご自由にどうぞではあるが、たとえば組織の人間だと他の人が分かってしまっているときは、「節度ある」行動言動をお願いしています。

洪門(ほんめん)は、厳とする禁止事項と禁止行為がある組織でして、二十一則(にじゅういちそく)三十六誓(さんじゅうろっけい)という規則があります。お遊び気分で入ると気が滅入ることでしょう。制約に「フリー(自由)ではない」と言うだろう。

とはいえ、数百年も続く誇りのある組織としており、個々の会員の意識も高いゆえからでしょう。

いずれ、禁止ルールについて触れていこうと思います。












つづく