〜最近ツイッターでツイートした文のまとめ〜

洪門
中国明朝末期及び清朝初期の秘密結社。当初は民衆の相互救済の組織としていたが、「反清復明」(清を倒し明を復活させる)へと変化した。また清の晩期民国初期には会員は600万人に膨れ上がる。日本との関係性も深く持ち、実は孫文なども会員であった。今は数千万人規模へと成長し続けている。

洪門(ほんめん)
アジア最大規模を誇る秘密結社。伝わる秘儀または口伝、書物は意外と少ない。現代ではインターネットを使って調べられるも、それは哥老会(かろうかい)四川省発祥の秘密結社の情報がほとんど。洪門の正確な情報はまだ正式に一般公開した事は無い。#洪門 #洪門会 #洪門青蓮堂

洪門(ほんめん)
1761年創建した洪門の英訳はChinese Freemasons。このFreemasonsの名は19世紀初めのアメリカ横断鉄道の建設する際に中国人の苦力(クーリー)が多く移民させられた事に由来する。異国の地で米国メースンと出会い、教養等が同じく和合が加速した。

洪門(ほんめん)
「無規矩不成方圓」、洪門に定規コンパスのマークがある。これは社会の道徳、物事の道理、人の品徳を測るまたは創造する道具として用いる意味もある。ほか人びとの望む桃源郷を建設するという意味合いはFreemasonの神の神殿を創造する事と類似している。#フリーメースン


※ 民衆の相互救済
※ 反清復明(はんしんふくめい)
※ 正式に一般公開した事は無い
※ 苦力(クーリー)
※ 社会の道徳、物事の道理、人の品徳


twitteraccount
@acfreemasons