小林です。

『真実とはなにか!』を知りたい人々

が増えてきたと実感しました。

真実への道のりは幾層も存在します。

その層を階段のように一つ一つ登り、

思考の開花をして欲しいものです。



立ち止まらないで頂きたい。


「目覚め」「気付き」とは、保守や革新のみならず、コスモポリタンな世界を築く事に気付くのが重要であり、普遍的な目線でこの世界を見て欲しいものですね。




畑は目の前にだけ存在するのではなく、畑は耕せばいくらでも存在します。










つづく