御質問を受けました。

「面白いサイトがありましたが、中身は正しいものですか?」


(そのサイト)


(文転載)
日本ではあまり知られていないが、中国は昔から秘密結社が盛んな国。
世界中にはびこるチャイニーズマフィアも、秘密結社を由来とするものがほとんどである。

中国の父とも呼ばれる孫文は、革命を起こす際に、もっぱら秘密結社に頼っていた。

紅幇、青幇、天地会などとつながりを持って、彼らの力で中国革命を起こしたのだった。
一説によると、孫文はフリーメーソンにも加入していたといわれる。

フリーメーソンが中国に入り込んだのはアヘン戦争から。

麻薬を清に密輸出して利益を上げていたイギリスに対し、清が麻薬の取り締まりを強化したところ、イギリスが逆ギレして1840年に始まった戦争である。 

中国は負けて、香港島をとられるが、この香港と、条約で開港させられた上海に次々とフリーメーソンが進出してきたのである。

今も香港ドルを発券している香港上海銀行を設立したのは、フリーメーソン幹部のサッスーン家のひとり。
彼はユダヤ人でロスチャイルドの一族でもある。
上海を拠点にして、グラバーが代理人を務めていたことでも知られる商社ジャーディン・マセソン社もまたユダヤ系、ロスチャイルド系の企業。


第二次世界大戦が終わり、中国を支配することになった共産党はすべての地下組織、秘密結社を禁止した。
秘密結社を組む者は中国から逃げ出し、香港や台湾、そして世界中のチャイナタウンへ。

しかしそうした状況下でも、フリーメーソンだけは存在を許されてきた。

外国の組織だからという建前であるが、実は共産党もフリーメーソンと深いつながりがあったからである。

(発行者注・これは要するにユダヤの両建て戦術ですね。民主主義も共産主義もユダヤが作ったもの。うまいこと言って、他の秘密結社を中国から追い出したというわけです)

第一次世界大戦後の復興時に、人手が足りないヨーロッパに中国から大勢の若者が渡っていったが、その時その若者たちの間で共産主義が広まり、共産主義青年団が結成される。
その中に、周恩来、鄧小平らが入っていた。この二人は言わずと知れたフリーメーソン。

そして中国に帰ると順調に出世、フリーメーソンの思惑通りに共産党を動かすようになる。

中国は共産主義の国でありながら、資本主義そのものを導入しようとしたのは周恩来、鄧小平であるが、その裏には、実はこういう事情があったのである。

フリーメーソンは中国を発展させる気はなく、ただ安い労働力、巨大な市場を目当てに資本主義を導入させたのであった。


ただ計算外だったのが、そのとき一緒にある組織が中国に入ったことである。
それは外国に逃げていたある秘密組織である。

共産党に弾圧されて海外へ逃げ、その地で力を蓄えていた秘密結社が、ふたたび中国に戻ってきたのである。
そして密かにメンバーを増やし、共産党の中にももぐり込んで、中国で大きな力を持つようになった。

フリーメーソンは中国で大きな力を持っていたのに、いつのまにか自由にできない国になっていたのである。

この結社は、世界中に広いネットワークを持ち、金も情報も豊富に持って、その力で中国を強い国へと育て上げたのであった。
今、この中国の秘密結社の力が日本にも及んできている。その秘密結社の名が表に出てくる頃、すでに中国は戦争をしているでしょう。

昔のユダヤ・フリーメーソンとまったく同じパターンで成長した、その外国に強い中国の秘密結社がフリーメーソンを凌駕するようになってきたというわけです。
フリーメーソンと同じ経緯を経て進化した秘密結社ですから、やっぱり堂々と対抗できるのでしょう。

すると戦争を起こさせるテクニックも同じ?


(転載終了)



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


小林です。
なるほど、確かに興をそそられる記事ですね。

戦争は、どんな国も本来は起こしたくはないものです。それは巨大化した軍産複合体が存在している事で、戦争や紛争が起こるのです。
ネットでは情報が氾濫し、色々な説があるようですが、基本な部分は変わりません。これをご存知の方もいらっしゃる事でしょう。



〜文中の赤太文字で答えられる範囲内ですと〜



⑴ 大陸は遥か昔より秘密結社が多い事は本当です。

⑵ 天地会即ち洪門(洪幇)青幇は青幇、 紅幇即ち哥老会です。(ネットで良く見かける洪門は 哥老会の人達が多く、正統洪門とは違う)

⑶ 孫文はフリーメースンです。
他にも多くの人物がいます。

⑷ この頃のアジアへ進出したのは、もっぱらアングロサクソン系の軍隊メーソンです。

⑸ 日本も欧米フリーメースンの動きに疑念を抱き、昭和17年2月15日朝、旧日本軍の上海海軍武官府特務調査部が上海の米国系メーソンロッジへ立ち入り調査している記録が残っています。その際、彼らが当時の支那の民衆感情を、排英米から排日帝へすり替えた記録も出て来てます。

⑹ 中華人民共和国が建国された際、壇上に洪門(ほんめん)の長老人物がいた事は有名です。

⑺ 洪門(ほんめん)は、日本国とも友好的な関係がありましたね。過去にアジア主義と謳い、アジア解放という崇高な志しを共に目指しました。

⑻ 日本にもその力が及んで来ている。
…これ対しては、「日本国」は何を目指したいのか、又は何からの脱却をしたいのか、これに掛かっていますね。
支配したいとは誰も思っていなく、彼(日本)に対して「むしろどうしたいのか?」と、逆に知りたいものです。

(9)墨子思想は有りません。子孫は居るでしょう。




以上を回答してみましたが、陰謀論やオカルト論など、人びとは「秘密」というものに魅せられて探ろうとします。そして、いろいろ情報を仕入れては、おおよそ大抵が情報のスパイラルへ陥いるのです。 





あなたはどこまで探れますか?










つづく