テレ東の番組で『Youは何しに日本へ?』の取材班がフリーメイソン日本総本部に初潜入したという。

欧米フリーメーソンの東京グランドロッジにカメラが入るのは今回がはじめてであり、これを記録しておきましょう。


余談を述べたいと思いますが、少々お付き合いを。 ノンフィクションを手短かに申し上げたいと思います。


本へ公式に欧米フリーメーソンが入るのは戦後、日本占領軍最高司令官のダグラス・マッカーサー元帥であることは皆さんもすでにご存知の事でしょう。

彼はアングロサクソン・メーソンとしてスコティッシュ・ライト(メイスン階級)の 33階級の最高位階級です。

そしてマ氏は、アングロサクソン・メーソンだが親子二代に渡りフィリピン系メーソン結社の出身です。

そもそもフィリピンメーソンは、宗主国スペインに対抗した大陸系メーソン『グラントリアン・ド・スペイン(西大東社)』の傘下であり、英国王室を中心としたアングロサクソン・メーソンとは違った、あらゆる 『旧体制を破壊する革命思想』を根本にその流れ汲むものです。

マッカーサー元帥が厚木基地で降り、すぐに連合軍総司令部(GHQ)が設置され、その後メイスン会員である幣原内閣を誕生させました。そしてご要望の通りわずか七カ月の短命内閣にも関わらず、日本の旧体制を根本から大改造し、新憲法草案、6・3・3・4制教育法制定、天皇陛下の人間宣言、を期間中一気にやり抜けました。

この 流れはフィリピン系のやり方です。天皇陛下の人間宣言は一体どんな衝撃があったのかをいまの日本人は知る由もないでしょう。

そして、かのナポレオンによって否定されたメーソン憲法を復活させ、それがいまの日本国憲法であり、いま9条で色々と言っていますが、いいかわるいかの論は別として、これもメーソンが作った不戦憲法 そのものなのです。

さて、つぎにメイスンの東京グランドロッジの 由来は?

ここは帝国海軍士官倶楽部にあった財団法人 『東京水交社』が前身です。
いつの間にか連合軍の日本占領中にメソニック協会に最低価格で売却されたという怪事件がありました。

サンフランシスコ講和後いち早く 『日本に進駐した秘密結社フリーメーソン』のタイトルで当時の『週刊サンケイ』(昭和28.4.26)で報じられたことはいまや忘れさられた話です。


余談はここまで。
では記事を読んでみましょう。




【「Youは何しに」神回に大絶賛、フリーメイソン日本総本部に初潜入】
livedoorNewsより
http://news.livedoor.com/lite/article_image_detail/8871588/?img_id=6583718

(以下転載)


世界的な団体ながらその活動実態がよくわからず、噂や都市伝説が一人歩きして"謎の秘密結社"と呼ばれることも多いフリーメイソン。5月26日に放送されたバラエティ番組「Youは何しに日本へ?」(テレビ東京)では、その日本支部に、日本のテレビカメラとして初めて(※番組説明より)潜入し、新グランドマスターの就任式に密着した。

番組では、空港でたまたま取材したフィリピンからの団体がフリーメイソン マニラ支部のメンバーとその家族だったことから、彼らが出席する予定だった日本支部の新グランドマスター就任式に密着取材を敢行。撮影交渉はスムーズに進み、あれよあれよと、東京タワーのすぐそばにある日本フリーメイソンの総本部(グランドロッジ ※番組説明による)にカメラが潜入した。

2014-05-27-20-35-29

2014-05-27-20-35-36

2014-05-27-20-35-47


至る所にフリーメイソンのシンボルマークがあしらわれたグランドロッジの本部(地上2階・地下2階)。建物の中にはさまざまなグッズが陳列され、メンバーもマークが付いたネクタイを締めていたり、はっぴを着ていたり、ゴールドリングをはめていたり……と、まさに右も左もフリーメイソンの世界だ。また、米大統領のジョージ・ワシントンをはじめとする歴代15人の大統領の写真が飾られている場所や、さまざまな儀式が行われる特別な部屋も公開された。

2014-05-27-20-36-44


新しい日本のグランドマスター(第57代)には、米軍基地に勤務する在日フィリピン人男性のヴィクター・オーティスさんが就任。番組では厳かな宣誓のシーンや、儀式の一部始終を紹介、さらにはオーティスさんに直撃して、誰もが疑問を抱く"あの質問"を投げかけた。

2014-05-27-20-37-48


それは「世界を裏で牛耳っているのは本当ですか?」という、あまりにも直球すぎる質問。すると、新グランドマスターは少し間を開けて……「まさか!」と回答。「いくつかの国の大統領がフリーメイソンなのは真実だけど…でもそれだけで世界を牛耳るなんて無理かな」と語り、「我々がやっているのは社会奉仕活動です」と説明した。その説明を信じるかどうかはあなた次第だが……。

最近、フリーメイソンは日本のメディアでも紹介される機会が増えているが、その中でもこの放送は日本支部潜入という大胆な映像が大きな反響を呼び、Twitterなどでは「テレ東やったな!」「テレ東が消されてしまう……」「あんなにテレビでおおっぴらに映しちゃっていいのか(笑)」「空港で捕まえた人からまさかの展開すぎるww」「Youは何しに日本へ?は素晴らしい」「神回」など、絶賛の声が相次いでいる。



(転載終了)


だが、アジアフリーメーソンも欧メースン、米メースン(おもに軍隊メースン)は、共に友好関係下であり、共存共栄、相互共済、未来発展、平等主義を目指しております。上記した文章だと人によっては、批判のようにも見受けられましょうが、実史を述べたまでです。決して敵意は存在しません。

真のフリーメイスンらは、民衆の【共創・共栄・共享】された社会を創り目指し、【自由・平等・博愛】の精神で、人類みな兄弟、義(人)の精神を悠久な時間の流れのなかで、常に地球の平和を願っております。





2014-05-19-12-38-02