小林です。
今日は2月11日「建国記念の日」です。「建国をしのび、国を愛する心を養う日」として、1966(昭和41)年に定められました。

この2月11日という日付は、初代天皇とされる神武天皇の即位日である【旧暦】紀元前660年1月1日にあたり、明治に入って【新暦】に換算した日付なのですね。


IMG_5932



以下wikiより《建国記念の日
日本では、実際の建国日が明確ではないため、建国神話日本神話)を基に、建国を祝う日として「建国記念の日」が定められた。2月11日は、日本神話の登場人物であり古事記日本書紀で初代天皇とされる神武天皇即位日が、日本書紀に紀元前660年1月1日 (旧暦)とあり[2]、その即位月日を明治に入り新暦に換算した日付である。
1873年明治6年)に、2月11日は、日本国の建国の日として「紀元節」と定められ祭日となり[3]翌年から適用されたが、第二次世界大戦後の1948年昭和23年)に占領軍 (GHQ)の意向で廃止された。その後、復活の動きが高まり、「建国記念の日」として、1966年(昭和41年)に国民の祝日となり翌年から適用された。(参考:主権回復の日


世界を見渡してみると、「建国記念日」や「独立記念日」又は「解放記念日」などの呼び名がありました。でもなぜ日本は《建国記念の日》なのだろうか。

調べてみると色々な面白い事に出会います。現存する「世界最古の国家」であり、他の主要な国の建国からの年数を比べてみても、2600年以上という歴史の長さは遥か群を抜いております。



今日は過去へと思いを馳せ、ゆっくりと過ごしましょう。




つづく




参考サイト

★ 建国記念の日

国民の祝日について