天徳・地徳・人徳 ~ 気になった時事 & Dのサンクチュアリー ~

一般社団法人 洪門天地會青蓮堂日本總會 Japan Lotus Chinese Freemasons (JLCF)

カテゴリ: 備忘録

備忘録へ記録します。 革命余話 請孫文再来より http://sunasia.exblog.jp/7512359/ (以下転載) 孫文は革命のさなか、日本滞在を懐かしむように四季がおりなす風情と、それに感応する日本人の人情について山田と語らっている。   潜伏先の海妻邸 ...

下記の漢文を備忘録へ記録します。 発展委員会委員の発言は正にその通りである。訳しませんが、この原文を記録しておきます。 じつに、 洪のブランドを掲げて義の精神が偽の精神へ、相互扶助は相互利用に ...

人徳のある人の6つの特徴とは? 一言で《徳(とく)》とは分かるようで意外と分からないのが事実。分かりやすく説明がなされているサイトがありましたので、是非ご紹介したいと思います。 ...

選ばれし3%の人しか持っていない"X印"手相が最強すぎる! 「偉業で歴史に名を残す」運命にあることが200万人調査で確定(最新研究) http://tocana.jp/2017/10/post_14903_entry_2.htmlより (以下転載) 「手相」は東洋の占いというイメージが強い ...

以前の記事をアップ。 おもしろいサイトです。 世界ふしぎ発見「ローマ時代の奴隷というのは上流階級が優雅に暮らすための労働階級で、今で言うサラリーマンのことです」←これすっごい本質だわ!!! http://netgeek.biz/archives/53353より (以下転載) ...

備忘録へ記録します。 なぜ日本はアメリカの「いいなり」なのか?知ってはいけないウラの掟 〜内閣改造でも絶対に変わらないこと〜 (以下転載)http://gendai.ismedia.jp/artic ...

美篇  你也能发这样的图文 马上制作  (あなたもこの様な他の記事をまるで自身の文章にする事がすぐにできる 〜皮肉〜) 国际洪门西班牙代表蔡永廉应邀参加国务院国庆招待会 2017-10-05  拜姐-沛勛主席世洪總秘书 阅读 73 2017年9月30日,国际洪门西班牙 ...

備忘録へ記録します。 〜亜細亜の大経綸〜  http://sunasia.exblog.jp/7484395/より (以下転載) 孔子が老子を訪ねたときのこと、孔子を一目みて老子はこう直言した。 (史記 老子伝)「子の嬌気と多欲、態色と淫志を去れ。これ皆子の身に益なし」 ...

小林です。 備忘録へ記録しておきます。 今も尊敬するお方です。 《今は日本にも少なくなった昔の日本人のような【義】に生きる男たちもアジアにいる。ベトナムでタイで、カンボジアで【義と情】の男たちと出会い、その意気に感じてオレは彼らと一緒に戦ってきた。恐 ...

アジアのフリーメイスン洪門(ほんめん)は三教合一の思想をもつ。 道教〜Wikipediaより一部転載 道教 道教(どうきょう、拼音:  Dàojiào)は、 中国三大宗教( 三教と言い、儒教・仏教・道教を指す)の一つである。中国の歴史記述において、 ...

備忘録へ記録します。 亜細亜的大人 孫文 http://sunasia.exblog.jp/7334808/より (以下転載) 革命の事績は後世の歴史家や政治家によって作られる。   学者および知識人 ...

備忘録へ記録します。 日本人はどこに http://sunasia.exblog.jp/7467835/より (以下転載) 山田純三郎はことごとく曲解され,命まで狙われた純三郎の心には、そんな ...

小林です。 ネットなどで色々な商材やビジネス商法の話がゴロゴロありますね。 今の生活をより良くしたい、景気なんて庶民とは関係のない話。またはお金持ちになりたい。そして成った時のことを妄想すると人は心楽しくなるようです。 では、いわゆる《ビン ...

備忘録へ記録します。 ◎中国に暗躍するフリーメーソン人脈 阿片戦争、日中戦争、「新中国」成立 激動の中国近代史の裏には 英米の対中戦略に協力するメーソンの活動があった http://itisyugyousya.dousetsu.com/China_Mason.htm http://itisyugyousya.douset ...

備忘録へ記録します。 http://sunasia.exblog.jp/7354048/より (以下転載) ◆孫文に生じた対日観の二重性     革命のさなか孫文は、幾度となく訪日し、永いときには2年数カ月にわたり滞在している。革命期間の三分の一を日本 ...

備忘録へ記録します。 http://sunasia.exblog.jp/7292498/より (以下転載) 「請孫文再来」  について 佐藤慎一郎氏と回顧すること30年、当初から座談、講演など同行させて頂くなかで、氏の叔父、山田良政、純三郎兄弟と孫文の革命交友と、そこ ...

↑このページのトップヘ