天徳・地徳・人徳 ~ 気になった時事 & Dのサンクチュアリー ~

一般社団法人 洪門天地會青蓮堂日本總會 Japan Lotus Chinese Freemasons (JLCF)

タグ:#孫中山

以下を備忘録へ記録します。以下転載※ 写真は他のネットより《元サイト》http://koganeiminami.blogspot.com/2009/07/714275-200856-10-2184018991911-1.html「アヘン戦争」から「辛亥革命」へ至る歴史の真実を学ぶ!!中国革命の父と称えられる孫文は日比谷松本楼のお客様 ...

小林です。今、韓国は一体なぜ日本との不調和音を起こすのか、その背後になにが潜んでいるのかを考えると、誠に東アジアは重要である事がよく理解できます。さて、ご質問を受けました。「我が日本国は、真の独立国家になれのでしょうか?」と、情熱さがヒシヒシと伝わってく ...

備忘録へ記録します。 革命余話 請孫文再来より http://sunasia.exblog.jp/7512359/ (以下転載) 孫文は革命のさなか、日本滞在を懐かしむように四季がおりなす風情と、それに感応する日本人の人情について山田と語らっている。   潜伏先の海妻邸 ...

備忘録へ記録します。 〜亜細亜の大経綸〜  http://sunasia.exblog.jp/7484395/より (以下転載) 孔子が老子を訪ねたときのこと、孔子を一目みて老子はこう直言した。 (史記 老子伝)「子の嬌気と多欲、態色と淫志を去れ。これ皆子の身に益なし」 ...

備忘録へ記録します。 亜細亜的大人 孫文 http://sunasia.exblog.jp/7334808/より (以下転載) 革命の事績は後世の歴史家や政治家によって作られる。   学者および知識人 ...

備忘録へ記録します。 日本人はどこに http://sunasia.exblog.jp/7467835/より (以下転載) 山田純三郎はことごとく曲解され,命まで狙われた純三郎の心には、そんな ...

備忘録へ記録します。 http://sunasia.exblog.jp/7354048/より (以下転載) ◆孫文に生じた対日観の二重性     革命のさなか孫文は、幾度となく訪日し、永いときには2年数カ月にわたり滞在している。革命期間の三分の一を日本 ...

備忘録へ記録します。 http://sunasia.exblog.jp/7292498/より (以下転載) 「請孫文再来」  について 佐藤慎一郎氏と回顧すること30年、当初から座談、講演など同行させて頂くなかで、氏の叔父、山田良政、純三郎兄弟と孫文の革命交友と、そこ ...

備忘録へ 孫文を讃えた演説を記録しております。 以下全文中国語 盧伯華さん作成 中時電子報より http://www.chinatimes.com/realtimenews/20161111002422-260409  中國共產黨是孫中山最忠實繼承者 中國國家主席、中共中央總書記習近平今天在北 ...

側近が語る孫文の「天下為公」   まほろばの泉様より http://blog.goo.ne.jp/greendoor-t/e/281a4316e9ab8eff55f386cc183c0106 (以下転載) 中華民族から国父と仰がれている孫文が好んで揮毫した「天下、公に為す」、それは中 ...

↑このページのトップヘ