天徳・地徳・人徳 ~ 気になった時事 & Dのサンクチュアリー ~

一般社団法人 洪門天地會青蓮堂日本總會 Japan Lotus Chinese Freemasons (JLCF)

タグ:#孫文

記録しています。前回より続き。編集宣統帝退位2月12日、清朝内閣総理大臣袁世凱等の内閣勧告により宣統帝の母后である隆裕太后は清皇室への優待条件を受け入れ、『退位詔書』を発布、清朝最後の皇帝、宣統帝の退位と袁世凱が組織する共和政府への権限移譲が行われた。この時 ...

記録しています。前回より続き。清朝の反応と革命政府との講和(内閣総理大臣時の袁世凱)武昌蜂起の後、中国に権益を有す列強諸国は静観の立場を採り、清朝政府または革命政府の中での自己の権益に有利な政権を観察していた。1911年10月14日、清は罷免され彰徳で病気療養中 ...

記録しています。前回より続き。中華民国の成立(中華民国臨時政府の一次内閣閣議)11月1日、清朝政府は袁世凱を内閣総理に任命、海外華僑や留学生及び国内世論の間に袁世凱による初代大総統の気運が高まった。11月9日、黄興は袁世凱に書簡を送りナポレオンやワシントンの資 ...

記録しています。前回より続き。マレー半島での革命活動(1911年12月16日、孫文と軍事顧問であった荷馬李は陳金鐘大廈に滞在した。孫文最後のシンガポール滞在である。)マレー半島での革命活動はマレーシアとシンガポールでの辛亥革命関連の活動を意味する。当時のマレー半 ...

記録しています。2018/5/19wikipedia掲載https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%BE%9B%E4%BA%A5%E9%9D%A9%E5%91%BD辛亥革命辛亥革命(しんがいかくめい)は、1911年(宣統3年)から1912年(民国元年)にかけて、清(中国)で発生した共和革命である。名称は、革命が勃発した1911 ...

備忘録へ記録します。 革命余話 請孫文再来より http://sunasia.exblog.jp/7512359/ (以下転載) 孫文は革命のさなか、日本滞在を懐かしむように四季がおりなす風情と、それに感応する日本人の人情について山田と語らっている。   潜伏先の海妻邸 ...

備忘録へ記録します。 〜亜細亜の大経綸〜  http://sunasia.exblog.jp/7484395/より (以下転載) 孔子が老子を訪ねたときのこと、孔子を一目みて老子はこう直言した。 (史記 老子伝)「子の嬌気と多欲、態色と淫志を去れ。これ皆子の身に益なし」 ...

備忘録へ記録します。 亜細亜的大人 孫文 http://sunasia.exblog.jp/7334808/より (以下転載) 革命の事績は後世の歴史家や政治家によって作られる。   学者および知識人 ...

備忘録へ記録します。 日本人はどこに http://sunasia.exblog.jp/7467835/より (以下転載) 山田純三郎はことごとく曲解され,命まで狙われた純三郎の心には、そんな ...

備忘録へ記録します。 http://sunasia.exblog.jp/7354048/より (以下転載) ◆孫文に生じた対日観の二重性     革命のさなか孫文は、幾度となく訪日し、永いときには2年数カ月にわたり滞在している。革命期間の三分の一を日本 ...

備忘録へ記録します。 http://sunasia.exblog.jp/7292498/より (以下転載) 「請孫文再来」  について 佐藤慎一郎氏と回顧すること30年、当初から座談、講演など同行させて頂くなかで、氏の叔父、山田良政、純三郎兄弟と孫文の革命交友と、そこ ...

備忘録へ 孫文を讃えた演説を記録しております。 以下全文中国語 盧伯華さん作成 中時電子報より http://www.chinatimes.com/realtimenews/20161111002422-260409  中國共產黨是孫中山最忠實繼承者 中國國家主席、中共中央總書記習近平今天在北 ...

側近が語る孫文の「天下為公」   まほろばの泉様より http://blog.goo.ne.jp/greendoor-t/e/281a4316e9ab8eff55f386cc183c0106 (以下転載) 中華民族から国父と仰がれている孫文が好んで揮毫した「天下、公に為す」、それは中 ...

〜洪門の歴史〜 (続き) 清の時代も晩期になると、洪門五房の各系統は江南地方を中心に中国全体に広まり、その後会員ら一部が国外へ飛び出し東南アジア一帯へ。 そしてヨーロッパへ。 さらにアメリカ大陸まで進出し、 「華僑・華人がいる所に洪門あり」と言 ...

孫文の大アジア主義 (1925.12.28) しかし第一次大戦後、佐々木の所属する日本の国家権力は、基本的に中国における新しい国民革命に敵対する姿勢に傾いていた。一見同じアジア主義を口にする両国の人々においてさえ、もはや相互に相通じない深刻な思想上の亀裂が現われ ...

↑このページのトップヘ