天徳・地徳・人徳 ~ 気になった時事 & Dのサンクチュアリー ~

一般社団法人 洪門天地會青蓮堂日本總會 Japan Lotus Chinese Freemasons (JLCF)

タグ:#日本創生会

第9回 引き出そうココロとカラダの可能性 〜洪家医術ワークショップ〜HPよりhttps://acfreemasons3821.org/news/news20180419第9回 引き出そうココロとカラダの可能性 〜洪家医術ワークショップ〜開催日:2018年5月5日(土祝) 人類共通の万能薬はありません。街で噂の治療 ...

ご参加ありがとうございました!4月7日土曜日、川崎で開催された両セミナーは、大成功の内に無事終了出来ました。参加されました多くの方々へスタッフ一同心より感謝を申し上げます。次回は五月、京都市にて開催をします。 皆様のご参加お待ちしております!日本創生会Japan ...

第11回 洪家体術 青蓮派 体験会のご案内開催日:2018年4月7日(土) AI(人工知能)の台頭と ”超情報過多” な現代、生き抜く術は人それぞれに違います。答えはあなたの肉体に隠されています。中国伝統の武術「洪家体術」のワークを通じて未来を拓く ”自他不敗” の世界を ...

ご参加ありがとうございました!3月3日土曜日、京都で開催された両セミナーは、大成功の内に無事終了出来ました。参加されました多くの方々へスタッフ一同心より感謝を申し上げます。次回は四月、神奈川県川崎市にて開催をします。 皆様のご参加お待ちしております!日本創 ...

第8回 引き出そうココロとカラダの可能性〜洪家医術ワークショップ〜--------------------------------------------------------------◆申込みはこちら>>> https://goo.gl/yLg4Wu 私たちが今この時代に肉体を持って生まれてきた意味とは? 洪家医術では、身体をタッチ ...

ご参加ありがとうございました!2月10日土曜日神奈川県川崎市で開催された両セミナーは、大成功の内に無事終了出来ました。参加されました多くの方々へスタッフ一同心より感謝を申し上げます。次回は三月中旬、京都府京都市にて開催をします。 皆様のご参加お待ちしておりま ...

第10回 洪家体術青蓮派 体験会のご案内開催日:2018年2月10日(土)HPよりhttps://acfreemasons3821.org/news/news20180130争いと分離の世界に真の調和をもたらす鍵は、私たちの肉体に秘められていました。数千年の歴史に育まれた中国伝統の南派武術「洪家体術」を通じて、“ ...

ご参加ありがとうございました!1月13日京都府京都市開催された両セミナーは、大成功の内に無事終了出来ました。 参加されました多くの方に感謝申し上げます。次回は二月中旬に神奈川県川崎市にて開催をします。 皆様のご参加お待ちしております! 日本創生会 Japan Creat ...

2018年 新春セミナー 日本創生会「第7回 引き出そうココロとカラダの可能性セミナー」のご案内 ホームページよりhttps://acfreemasons3821.org/news/news20171222 知れば知るほど矛盾にぶつかる健康情報。 いったい何が正しくて、何が ...

日本創生会「第10回 洪家体術青蓮派 体験会」のご案内 開催日:2017年12月2日(土)   ご自分の心身のエネルギー状態が"現実"をつくり出しているとしたら、あなたはどうなりたいですか?数千年の歴史に育まれた中国伝統の南派武術「洪家体術」を通 ...

第9回目  日本創生会 セミナー 「第7回 洪家体術青蓮派 体験会」 のご案内です。 数千年の歴史に育まれた、中国伝統の南派武術 洪家体術の体験会を下記の要領で開催いたします。 【対象者】 中国伝統の南派武術を通じて、漠然とした自分と人類未来の ...

第八回 日本創生会 「第四回 ココロと体の健康セミナー」を開催いたします。 今回は武術セミナーでおなじみの李レノンリー先生を関西にお迎えして洪家武学医術ワークショップを開催します。 セミナー内容: 武術と医術の関係とは?頭vs身体のワーク医とは?健康とは、元気 ...

第七回目の 日本創生会 セミナー「第4回 洪家体術青蓮派 体験会」のご案内です。 数千年の歴史に育まれた、中国伝統の南派武術 洪家体術の体験会を下記の要領で開催いたします。 【対象者】 中国伝統の南派武術を通じて、漠然とした自分と人類未来の不安、対人コミュニ ...

第五回 日本創生会 in 川崎 HPより←押す。 2月5日、第5回目の 日本創生会 セミナー「第3回 洪家体術青蓮派 体験会」が無事終了しました。 今回は ...

↑このページのトップヘ