天徳・地徳・人徳 ~ 気になった時事 & Dのサンクチュアリー ~

一般社団法人 洪門天地會青蓮堂日本總會 Japan Lotus Chinese Freemasons (JLCF)

タグ:#洪門長房

小林です。16日は旧正月になります。アジア地域では新年として迎える国が多いです。ご挨拶も含めて色々と忙しいものでして。 『沈香も焚かず屁もひらず』 と言う諺があります。類義語に「伽羅(きゃら)も焚かず屁もこかず」、又は「線香も焚かず屁もひらず」もありますね。 ...

小林です。一つの事を挑戦する事は大して難しい事はではありません。難しいのはそれを継続していく事です。しかし、継続していく事も実は大して難しい事ではありません。最も難しいのは最後までやり抜ける事です。とはいえ、最初から挑戦するその事が正しかったかどうかを知 ...

事務局 編集委員会です。ツイッターよりJapan Lotus Chinese Freemasons 洪門天地會青蓮堂日本總會 日本国総会長 小林明峯(kobayashi akimine )の 語録集を開始させて頂きました。どうぞ宜しくお願い申し上げます。⇒図押す ...

謹賀新年 明けまして おめでとうございます。 本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。 一般社団法人 洪門天地會青蓮堂日本總會 一同 ...

台湾の客家とその健康法 たまたま訪れた台湾旅行で客家擂茶(はっかれいちゃ)と出会い、あまりの美味しさに感動して単身台湾に乗り込んで、客家民族の歴史や文化も伝えることを条件に日本で唯一取引の許可を得た、松茶商店 代表   松本 学さんを講師にお招きして、台 ...

小林です。 色んな所で加藤一二三さんが姿を見せております。この方はご存知の通り今年六月に将棋棋士を最高齢現役引退なさった方です。バラエティではゆるキャラ扱いの様ですが、将棋界では「1分将棋の神様」「神武以来の天才」の異名を持つ凄い方であります。 ...

小林です。 ふと気付けば十二月の後半に入っていました。 ご存知の通り十二月は様々な呼び方が有ります。 調べて見ると例えば、しわす(師走)、はるまちつき(春待月)、けんちゅうげつ(建丑月)、ごくげつ(極月)、ばんとう(晩冬)、ひょうげつ(氷月)、ぼさい( ...

〜最近ツイッターでツイートした文のまとめ〜 洪門(ほんめん) 洪門の会員は、量より質を重んじる。質に重視しており良質な質が良質な量を増やしていく事を望んでいる。故に入会へのプロセスは厳しく、入会後も予備会員期間を設けて洪門に相応しい人物か ...

小林です。 色々とこのブログで綴らせて頂いております。目立たなく静かに、そしてのんびりと書いています。今日は長年この洪門(ほんめん)にいると沸々と感じてくるものを書いてみます。 《一つの生命体》 これは大袈裟にお話をしている訳ではなく、前に ...

小林です。 伝統文化は、必ずや引き継ぐ人が問題になってきます。後継者や伝承者、継承者、跡継ぎ、世継ぎなど言い方は色々とありますが、次世代を担う人を選ぶ事は安易な事ではありません。 わたくし自身もその伝統を継承する一人になる訳なのですが、特殊な海外組織に属 ...

日本創生会「第10回 洪家体術青蓮派 体験会」のご案内 開催日:2017年12月2日(土)   ご自分の心身のエネルギー状態が"現実"をつくり出しているとしたら、あなたはどうなりたいですか?数千年の歴史に育まれた中国伝統の南派武術「洪家体術」を通 ...

小林です。 一日24時間が何とも短いと思います。せめて一日48時間があれば、色々な事も片付くのですが。 足りているものがあるとすれば、わたくしは《好奇心探求心》でしょう。足りていないものがあるとすれば、それは《時間》です。 さて、「ゼロから会を立ち上げし ...

下記の漢文を備忘録へ記録します。 発展委員会委員の発言は正にその通りである。訳しませんが、この原文を記録しておきます。 じつに、 洪のブランドを掲げて義の精神が偽の精神へ、相互扶助は相互利用に ...

〜最近ツイッターでツイートした文のまとめ〜 洪門(ほんめん)には、洪門大五房(ほんめんだいごぼう)がある。この宗家五房に属する全ての山、堂及び支流組織をまとめた名称である。洪門が 『房』を用いるわけは、所属する会員の出生系統を表すこと、または正統出所を ...

〜最近ツイッターでツイートした文のまとめ〜 洪門(ほんめん)洪門に五つの大系統が存在する。長房(長兄のような)青蓮堂(せいれんどう)、二房洪順堂(こうじゅんどう)、三房家后堂(かごうどう)、四房参太堂(さんたいどう)、五房宏化堂(こうかどう)有り。日 ...

小林です。 良い言葉は心にしっくりとくるもので、受け止め方で様々な面も持ち合わせています。 表題に、面白おかしくやりたいのなら…と書きましたが、次の二方の言葉は正にその通りだと思います。 ...

↑このページのトップヘ